つみたてNISAと一般NISAの違い

download - つみたてNISAと一般NISAの違い 最新情報
みなさんこんにちは! with投資女子プロジェクトに参加して投資の勉強をしております、withLab STAR100 Editorの飛鳥です。本日は聞いたことはあるけど、よくわからなかった「NISA」について、ご紹介したいと思います。少額投資非課税制度「NISA」って何?皆さんがよく聞く「NISA」という言葉、日本語にすると少額投資非課税制度という名前になります。これを見るとなんとなく意味がわかりますよね!私も今回初めて知り、なるほど!となりました。「少額での投資で、利益が出た分を非課税にする制度」ということですね!本来、投資をして出た利益に対しては税金がかかってしまうのですが、なんとその税金が約20%!!その分の税金がなくなるという、やらなきゃ損! な制度です。仮に投資で2万円の利益が出た時、NISAだったら2万円丸ごとGET! のところがNISAでない場合は4000円が税金で取られ、16000円しか手に入らないということになります。もっともっと利益が出ると考えれば、利用しておくべきですよね。NISAを利用するには口座開設が必要NISAを始めるためには、金融機関での口座開設後、さらにNISA口座を開設する必要があります。これが私としてはかなり障壁で……。実はこのプロジェクトに参加する前に、口座を開設しようとして、書類を揃えるのが面倒になってしまい、断念してしまったことがあります(笑)。ただ今回、説明を聞いたことで、当初作ろうとしていたものとは別にしよう! と思えたので、あの時開設しないで良かったかもしれません。adNISA口座の種類は一つではない!口座にはこのようにいくつかの種類があります。①特定口座(源泉徴収あり制度):原則 確定申告不要 <荒木先生おすすめ>②特定口座(源泉徴収なし):原則 自分で確定申告③一般口座(自分で納税と確定申告)さらに一般NISAかつみたてNISAの口座があります。初心者には、つみたてNISAがおすすめとのことでした。つみたてNISAは投資信託が主になり、長期投資に向いた商品に限られており、選びやすいとのことでした。一般NISAとつみたてNISAの違い期間【一般NISA】投資した年から最大5年間の非課税期間(10年まで延長可能)【つみたてNISA】投資した年から最大20年間の非課税期間非課税金額【一般NISA】1年間で最大120万円までの投資金額に対して【つみたてNISA】1年間で最大40万円までの投資金額に対して投資対象【一般NISA】投資信託、上場株式、REIT、ETF など【つみたてNISA】つみたてに適した株式投資信託、ETFなので、少額で少しずつ投資をしていきたい人はつみたてNISA、まとまったお金を投資したい方は一般NISAが適していると考えられます!ちなみに……夫婦で投資をはじめる時今回、つみたてNISAか一般NISAで悩んだ際に、お伺いしたのですが、夫婦で別々のもの(片方がNISA、もう一方がつみたてNISA)にして、まとまって投資する方と、少額ずつつみたてる方と役割分担することがいいとのことでした!確かに、リスクも減るのでいいなと思いました!今私は自分の名字の変更をしているので、それが終わったらつみたてNISAの口座を開設したいと思います!ad1元のページを表示 ≫関連する記事【はじめての投資vol.2】NISAってどんなもの?おトクな制度はフル活用したい!投資初心者におすすめ!NISA口座を申し込みました初心者が一から学ぶ!投資女子プロジェクトがスタート「投資口座を選ぶ3つのポイントとは?」withLab投資女子プロジェクト Lesson3-1【投資口座を開設するには?】「証券会社or銀行」2つの特徴から選んでみる
Source: with online

リンク元

Copied title and URL