インスタで彼の浮気写真を発見…「34歳嘘つき浮気男」への“ヤバすぎる仕返し”

download - インスタで彼の浮気写真を発見…「34歳嘘つき浮気男」への“ヤバすぎる仕返し” 最新情報
人の数だけある、それぞれの恋愛事情。本連載では、ごく普通のアラサー女子たちのリアル恋愛体験談をご紹介していきます。イマドキのアラサー女子たちの恋愛観・結婚観って? 彼女たちの体験談を通して、もしかしたらあなたの価値観が変わったり、悩み解決のヒントになるかも……?憧れの広告代理店営業マンの彼・ユウスケさん(34歳・仮名)と付き合うことになったマキさん(26歳・仮名/デザイナー)。でも、偶然見つけたユウスケさんのインスタには『はやく会いたいな』と女性のコメントが!恐る恐るその女性のインスタアカウントに飛ぶと……。そこには、ユウスケさんとおそろいのTシャツを着て笑顔で写る女性の姿がありました。もしかして浮気!?  衝撃の事実を知ったマキさんがとった行動とは――。\前回の話はこちら/34歳広告代理店勤務の彼の「ヤバすぎる素顔」に絶句。衝撃的な休日の姿、痛すぎるインスタ…彼のインスタから特定したのは“自分とは正反対”の元カノ!?「ユウスケのインスタを見つけてから、ユウスケと絡んでいる女性のインスタを監視する日々が続きました。その女性は福岡出身で、ユウスケと同じTシャツを着ていて、彼と相互フォロー。私とは正反対のギャル系で、投稿はインスタ女子というか、いわゆる“映えている”ものばかり。仕事はまつエクサロンのオーナーをしているらしく、『自分にめちゃくちゃ自信があるんだな』『人生思いっきり楽しんでいそう』という印象の方でした。『彼とお揃い♡』投稿はユウスケのインスタを発見した日の1ヵ月前。しかもふたりのコメントのやりとりは半年前から続いていて……。彼女が元カノだとして、実はまだ付き合っていて、もしかして私が浮気相手? なんて思いながらモヤモヤ。でも彼のインスタも偶然見つけたものだし、なおさら『インスタのこの子って……』なんて聞けないし……。とにかくどうすればいいかひたすら悩んでいましたね」ad1「コンペやねん」嘘をつき続ける彼。そして見つけてしまった“決定的証拠”マキさんが「もしかして自分が浮気相手かも……」と疑い始めたのは、インスタだけが理由ではなかったのです。なぜなら、ユウスケさんとマキさんが会うのは、いつも“平日の夜”だったから――。「ユウスケは大手広告代理店の大阪支社で働いていたのですが、月曜日に大きなコンペがあることが多いから、土日は忙しくて連絡できないって言うんです。あのお世辞にもセンスがあるとは言えない私服姿を見たくなかったから、ちょうどいいって最初は思っていたんですけど……。『資料作るの土日あっても足りへんねん!』と言いながら、週末は連絡がつかなくなる……。おまけに月曜日には『俺がつくった資料! すごくね?』といってなぜか私にラインで、資料が送られてくる……。もちろん細かい内容まで確認できないようになっていましたけど、それも言い訳っぽくて謎すぎて」adそんなある日、マキさんは、衝撃的なユウスケさんのインスタストーリーを見てしまうのです……。「ある日、土曜日に何気なくインスタを見たら、ユウスケと例の女性がストーリーを更新していたので、私は足跡がつかないように捨て垢を作って2人のストーリーを見たんです。そこで決定的な証拠を見つけました……。2人は同じ場所の、同じ食事をアップしていたんです……」ad1距離を置こうとしたら鬼電、そして自宅に…とうとう見つけてしまったユウスケさんの“決定的証拠”。でも、そこまでダメージもなく……。もはやユウスケさんに対する気持ちは薄れていたといいます。「付き合ってたった2ヵ月だったけれど、ドライブデートから、一気にいろいろありすぎて疲れちゃって。そのタイミングであの決定的証拠を見てしまったので、私的には“もういいかな”ってなっちゃいましたね。それで私は『土日会えないの寂しいし、やっぱり一緒にいて違うなあと思うことも多いから、一旦距離置かない?』とLINEしたんです。ユウスケからは『え、なんでなん?』と返事がきて、その後、鬼電。あまりに電話が鳴りやまないので、怖くて出なかったら『土曜日、空けたから!』とメッセージが届いて。私は『会えない』とだけ返信して、一旦ユースケからの連絡は見ないようにしました」ad「でも土曜日。お昼に近所のコンビニに行こうとしたら、『うぉいす!』という声。そこにはユウスケの姿が……。もちろんいつも通り全身ハイブランド。胸元にはシルバーの十字架が光っていました。『今部屋に行こうとしててん。俺の事嫌いになったん?』と聞いてくるので、私はその日、思い切って話したんです。偶然見つけたインスタのことを……。そしたらユウスケは『え? あれは勝手に元カノが載せてるだけやねん! ほんまに! 信じて!』と言いました。結局何を言っても『信じて!』しか言わず、ストーリーの話もTシャツの話も『あれは違うで。

リンク元

Copied title and URL