どんな肌質?見分け方とスキンケア法【セルフ肌診断】

download - どんな肌質?見分け方とスキンケア法【セルフ肌診断】 最新情報
今回は、肌タイプについてお話していこうと思います。皆さんはご自身の肌タイプはご存知でしょうか? 肌タイプを知ることでお手入れの仕方がわかりやすくなるのがメリット。そして肌タイプは年齢・季節などの影響により変化していくものです。既にご存知の方も、そうでない方もこの機会にもう一度診断してみてくださいね。肌タイプって?  様々なお肌の状態を、4つに分類したもの。判断基準は、水分量と皮脂量です。肌タイプは季節、年齢、環境などによって変化するので定期的にチェックしていきましょう! 肌タイプチェック水分の少なさチェック1つでも当てはまれば水分が少ない可能性あり!・日中つっぱることがよくある・目や口の周りがカサカサしやすい・化粧ノリが悪く粉っぽくなりやすい・肌のキメは細かいほうだ皮脂の多さをチェック1~2つ当てはまれば皮脂が多い可能性!日中、肌のテカリが気になる油とり紙で皮脂をたびたびとらなければならない化粧が消えたり沈んだりする崩れ方である頬の毛穴が大きく、目立つ方だ額や頬にニキビが出来やすい 2つのチェックした結果を掛け合わせるとこうなります脂性肌➡水分・皮脂ともに多い普通肌➡水分多め、皮脂が少なめ乾燥肌➡水分・油分ともに少ない混合肌➡皮脂が多いのに水分が少ない それぞれのお肌の特徴脂性肌思春期から20代前半の方に多い。皮脂が過剰になりやすいので、毛穴詰まり、毛穴の開き、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい。インナードライにもなりやすい。普通肌水分・皮脂のバランスが整っていて健やかな状態。バリア機能がしっかりしているのでトラブルが起きにくい状態。乾燥肌うるおいに欠け、かさつきが気になる状態。皮脂腺が小さいためキメは細かいが乾燥しやすい。バリア機能が低下しがちなので肌トラブルには注意。混合肌部分的に差があり、ムラがある状態。20代後半から30代に多い。バリア機能が低下しがち。タイプ別おすすめスキンケア【脂性肌】一日二回の丁寧な洗顔(それ以上はやりすぎ)洗顔後、スキンケアの始めにふき取り化粧水を取り入れる油分が入っていないさらっとした化粧水を使う【普通肌】良い状態なので現在取り入れているケアでOK。新しい化粧品や美容機器を使ったケアを試すのもおすすめ。【乾燥肌】油分も水分もたっぷり補給する。セラミド2、セラミド3配合のスキンケアがオススメ。朝の洗顔は水だけでOK鉱物油フリーのアイテムを使う。鉱物油(ミネラルオイル)を日常的に使っていると乾燥がより進んでしまう可能性がある。【混合肌】肌状態をみて部分的にケア法を変えていく必要がある。(Tゾーンには化粧水をたっぷり、Uゾーンには乳液やクリームを多め) 4つの肌タイプがどれもしっくりこないこともあります。普通肌だけど乾燥を感じるときもある脂性肌だけどツッパリ感があるなど様々な肌質な人がいるのでスキンケア方法に悩んだときに参考にするなどしてください♡ まとめ肌タイプって?肌チェック4種類の肌タイプ解説肌タイプごとのおすすめケア いかがでしたか?ご自身の肌タイプを知っておくと新しいアイテムを買うときや、肌荒れしたときにお手入方法を効率よく取り入れることができます。参考にしてみてください!   ad1元のページを表示 ≫関連する記事初の生炭酸ジェルパック🤍IPSA縛りのスキンケアルーティン💎使い方伝授します🪄ヒト幹細胞培養上清液の効果って?おすすめ美容液フェイシャルエステ【体験レビュー】肌診断もできます【メイク】10年ぶり!?
Source: with online

リンク元

Copied title and URL