「30歳までに1000万円貯めたい!年収340万円OLが実践できる、貯金のコツを教えてください」【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.39】

download - 「30歳までに1000万円貯めたい!年収340万円OLが実践できる、貯金のコツを教えてください」【ニューレディー肉乃小路ニクヨのお金の相談所vol.39】 最新情報
慶應卒の金融エリート 肉乃小路ニクヨのお金の相談所【第39回】via www.youtube.comこんばんは♡ 肉乃小路ニクヨです♡ with onlineをご覧になっている皆さま、お疲れ様です。ニューレディーの肉乃小路ニクヨです。本日もwith編集部に寄せられたオシゴト女子のお金の相談に回答していきたいと思います。【今回のお悩み】大阪府 / そうめんは飲み物 / 25歳私は社会人3年目、年収340万円、一人暮らしをしているOLです。昔から漠然と30歳までに1000万円貯めたいと思っており、コツコツやって今140万円貯めましたが、目標には程遠いです。最近は、決まった額を分けて口座に入れているのですが、他に貯金のコツなどあれば、教えてください」しっかり噛んで♡そうめんは飲み物……。食べ物を飲み物と呼ぶのは、昔、ウガンダ・トラさんという方がいらっしゃって「カレーは飲み物」ということを提唱されていたのを思い出しました。そうめんも一見ヘルシーに見えますが、精製された小麦で作った炭水化物の塊なので、飲み物のように摂取したら、血糖値スパイクを起こして大変なことになりますので、気を付けて味わって食べましょうね……。adでもそうめんって美味しいですよね。そういえば大阪出身の友達のダイアナ・エクストラバガンザさんもそうめんが好きらしくて、一気に三束くらいは召し上がられるようです。値段によってやはり美味しさがちがうようで、舌の肥えたダイアナさんは贈答品用のそうめんがお好きなようでした。たしかに日本で三大そうめんと呼ばれている奈良の三輪そうめん、兵庫の揖保乃糸、小豆島そうめんは皆、大阪から近い所で生産していますよね。そういうところからも大阪の方はそうめんがお好きな方が多いようですね。コツ程度で差額は埋まらないさて、そんなそうめんは飲み物さんのご相談ですが、30歳までに1000万円貯めたい。けど、今は140万円しか貯金がなくて、5年で860万円くらい貯めたいけど、貯金のコツがあれば教えてほしいということですね。まず、意地悪な私はどうして30歳までに1000万円貯めたいのかがよくわかりません。たしかに30歳になったら結婚や住宅もちゃんとしたいということで、そのためには1000万円くらい貯金があればなんとかなるかも! という気持ちになるのもわかります。が、どうしてお金が貯まらないかというと、そうめんは飲み物さんがそんなに切実に必要と思っていないからだと思います。思い切ったことを言うと、以前にもこの連載で話しましたが、20代で特に目的もぼんやりしている時に、無理に頑張って貯金をする必要はないと私は思っています。たしかに半年から1年くらいの休み(無給期間)があっても耐えられる貯金額というのは必要だとは思いますが、伸び盛りの20代はケチケチしながら貯めるよりも、お金を使いながら経験したり、学んだりする方が良い期間だと思うからです。ad1本気で1000万円貯めたいなら投資それでは相談の回答にはならないので、経験を積みながら、学びながら、お金も増えるチャンスをということを考えてみましょう。ここで一つ提案なのですが、思い切って投資にお金を使ってみるというのはいかがでしょう。普通に貯めても年収340万円くらいで、5年で840万円貯めるというのは何かを切り詰めるとかでは難しそうな話ですから、学びながらリスクを取ってみるというのも一つの方法かもしれません。身銭を切って投資に取り組んでみると、真剣さが違ってくるので学びも早いです。そうめんは飲み物さんが英語が得意だったり、国際ニュースや経済ニュースが好きなら、米国株が良いと思います。既にバブルという意見もありますが、個別銘柄でいうとまだまだ割安だったり、これからの伸びが期待できる銘柄もあります。米国株の何が凄いかというと、米国及び北米の人口だけでなく、世界を相手に商売できる企業がたくさんあるからです。今回のコロナ禍でもハッキリしましたが、科学技術などのアカデミックな分野でもアメリカはレベルが高く、イノベーションも起こります。20代のうちからアメリカに興味を持っておくことはこの先を考えても、良い影響を与えるのではないかと思います。adもしも米国の個別銘柄まで絞れないというのなら、S&P500指数に連動する投資信託やETFに投資するという手があります。S&P500はアメリカのS&P(スタンダード・アンド・プアーズ)ダウ・ジョーンズ・インデックスが公表している代表的な株価指数の1つで、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等に上場している企業から代表的な500銘柄を時価総額で加重平均し、指数化しています。要するにこのS&P500指数に連動するように投資していけば、アメリカの主要な企業500社に分散し

リンク元

Copied title and URL