【ピエール・エルメコラボ】アフタヌーンティー付き本格フレンチ♡ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

download - 【ピエール・エルメコラボ】アフタヌーンティー付き本格フレンチ♡ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 最新情報
こんにちは。withLabエディターのあさです。今回は「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」と「ピエール・エルメ」がコラボした期間限定アフタヌーンティー付きランチをご紹介します。ラ・プロヴァンスの本格フレンチ×ピエール・エルメ♡南フランスの邸宅をイメージした「ラ・プロヴァンス」でいただけるのは、芸術的なオードブルからはじまる本格フレンチとピエール・エルメコラボのアフタヌーンティースタイルのデザートが楽しめる贅沢なランチコースです。■乾杯酒ロゼスパークリングワイン(お一人様1杯)■パレット・アート・オードブル ~南仏プロヴァンスより五種の味覚~コースのスタートは、目でも楽しませてくれる美しい前菜。一口ずつで塩味・旨味・酸味・苦味・甘味といった味覚のフルコースを堪能できます。塩味からぐるっと右回りに、最後に甘味がくるようにいただくのがオススメです。■魚介のマリネと新鮮野菜のアンサンブル三重県産の島アジをミョウガ、チーズ、クスクスと一緒にいただきます。どの組み合わせもアジの美味しさを引き立てていました。カラフルなお野菜のテリーヌ、ひんやりしたトマトのソルベも夏にぴったりで美味しかったです。■メインディッシュメインはお魚・お肉から選べます。こちらは本日のお肉料理。牛バラ肉とトリッパを煮込んだ南プロヴァンスの郷土料理でした。バラ肉はホロホロと柔らかく、トリッパもすごく食べやすくてびっくり!これはホルモンのイメージを変えてくれました。スイーツで夏を先取り!Summer Sparkle アフタヌーンティー■1段目・エモーション サティーヌパッションフルーツの酸味やオレンジの果肉感が夏らしい、今回のアフタヌーンティーのアイコン的なグラススイーツ。・マカロン ジャルダン ド ミゾールここでしか味わえないマカロン。レストランごとに味が異なるので、コンプリートしたくなっちゃいます!■2段目ローズマリーの生チョコレートやカヌレはホテルのオリジナル。小ぶりなのに満足度が高いのはさすがホテルの味です!■3段目・チーズケーキモザイクピスタチオの風味とさくらんぼのフルーティーな酸味がマッチした、ピスタチオ好きにはたまらないケーキでした。・ショコラオランジュ濃厚なオレンジのガナッシュやサブレに含まれるカカオニブの食感などシェフのこだわりが詰まったショコラティエ徳永氏のオリジナルガトー。■ドリンクハーブティー または コーヒー、紅茶など10種類。ワゴンが登場して、目の前で注いでくれるサービスは特別感があって嬉しいですね。こちらは平日限定のカシコースです。全日提供されているべレコースは上記の内容にスープがついてくるそうです。ホテル インターコンチネンタル 東京ベイでは、今回ご紹介した「ラ・プロヴァンス」以外にも、それぞれのラウンジやレストランでピエール・エルメとコラボしたSummer Sparkleアフタヌーンティーのメニューが提供されています。イタリアンのランチプランやアフタヌーンティーのみのプランもあるので、是非ホームぺージでチェックしてみてください。ピエール・エルメアフタヌーンティーデザート付きランチプラン提供期間:2021年6月1日〜8月31日提供場所:ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 1Fファインダイニング ラ・プロヴァンス提供時間:11:30~15:00(L.O.14:30)平日限定【乾杯スパークリングワイン付き】ピエール・エルメアフタヌーンティーデザート付き カシコース1名様 ¥5,060全日提供ピエール・エルメアフタヌーンティーデザート付き べレコース1名様 ¥5,500【ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ】東京都港区海岸1丁目16番2号JR山手線・京浜東北線 / モノレール「浜松町駅」より徒歩8分都営大江戸線 / 浅草線「大門駅」より徒歩10分新交通ゆりかもめ「竹芝駅」からはホテルへ直結ad1ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ元のページを表示 ≫関連する記事シンプルモダンな大人アフタヌーンティー!@ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8【ホテルランチ】妊婦さんも安心!デザートワゴン付きの鉄板焼きマタニティプラン♡ワゴンサービスで席までお届け♡ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留の贅沢ランチコース【都内アフタヌーンティー】インスタ映え必至!高級チョコレートとコラボのイースターフェスティバル@ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「東京マリオットホテル」で春を先取り♡苺とお花が彩るストロベリー ブロッサム アフタヌーンティー
Source: with online

リンク元

Copied title and URL