萩中ユウ「好きな相手が実は『既婚者』だった……どうするべき?」【第28回】

download - 萩中ユウ「好きな相手が実は『既婚者』だった……どうするべき?」【第28回】 最新情報
「受講して4ヵ月で結婚が決まる」 「生まれて初めて彼氏ができた」 など、幅広い層から口コミが広がり、大人気の講座を主催している萩中ユウさん。 そんなユウさんに、男性から溺愛されるための心得を学ぶ連載「幸せな結婚のつかみ方」。最近結婚について真剣に考え始め、“入塾”した編集with子と一緒に、甘えられて、楽しくて、パートナーから溺愛される、そんな女性になることを目指しませんか? 「結婚していた」なんて、1ミリも知りませんでした!ユウ こんばんは、萩中ユウです。with子 こんばんは、編集with子です。今週も引き続き、読者の方からのご相談にお答えいただきます!ユウ たくさん届いているようで嬉しいです♡はじめまして。いつもユウさんのブログを楽しく読ませて頂いています。一度お付き合いしかけた男性がいるのですが、些細なことで喧嘩になってしまい、友達関係を続けています。私は彼のことが好きなので何回か気持ちを伝えましたが、答えは「やっぱり付き合えない」というもの。ですが、その後もちょくちょく連絡を取り合ったり、一緒に食事をしたりしていました。そんな最中、つい先日彼が去年結婚していたことを知りました。そんなことは一言も聞いていませんでしたし、時期的に結婚式の翌月も私と会って遊んでいました。ショックで、早く次の恋を見つけたいと思い、婚活サイトに登録してたくさんの方とやり取りしています。だけど虚しさを感じたり、まだ彼からの連絡を待ったりしている自分がいます。信頼し合えて、安心感のある幸せな恋愛がしたいです。今、私はどうするべきなのでしょうか。彼に対してもまだ未練があり、連絡を断てない自分が悔しいです。ad1二人だけの世界から一度目を離し、客観的な視点を持つべき!ユウ なるほど。「彼が既婚者だとは、知らなかった」。あまりに突然で、相談者さんの気持ちを思うと胸が痛くなりますね。でも、あえて厳しいことを言いますが、日本の法律だとそれは「知らなかった」では済まされません。「彼から聞いていなかった」と主張したとしても、LINEなどのやりとりの履歴からすでに“慰謝料を請求されてしまう可能性がある側”に立ってしまっているというのが現実です。with子 そうですよね……。付き合うか、付き合わないか。そんな雰囲気を引っ張りながらデートを重ねていたのに、結婚したことを隠していたなんてひどすぎます(涙)。ユウ でも、「気付いたのが一日でも早くてラッキーだった」と思う他、ないと思うのです。彼はもう既婚者になってしまっている。それに気付いた時点でこのまま関係を続けるというのは不貞行為をすることになってしまうし、それがいくら純愛だったとしても、世の中から見たら不倫に当たってしまいます。with子 ……!!ユウ 私だったらそれが一番悔しいと思うのです。本当に大好きなのに、純粋な恋のはずだったのに、「不倫」の一言で片付けられて、お金まで取られて……。こちらは失うものばかりじゃないですか。with子 間違いありません。相談者さんは何も悪いことをしていないのに、罰せられる側に立ってしまうなんて納得いきません!ad1そんな彼って、本当に必要?ユウ だからこそ、「既婚者だった」と知った時点で、彼との連絡は断つ。すごく寂しいし悔しいけど、それ以外の方法はないと思っています。「それでも好き」と言う気持ちはわかります。でも、「結婚している」って、「彼女がいる」程度の話ではないのです。with子 うぅ……(涙)。「ダメ」と思っていても、「好き」だと思う気持ちはそう簡単には変わらないですよね。でもやっぱり、改めて「結婚」という二文字の重みを感じます。ユウ 彼が既婚者だと知った時点で「彼の連絡先を消す」。自分が幸せになる恋愛をするために、あるのはその一択です。世の中に「好きになってはいけない相手」はいません。恋心を抱くのは、衝動的なものだから。だけど、「好きな気持ちを伝えてはいけない相手」というのは存在します。既婚者の彼は、相談者さんの人生を照らしてはくれません。恋愛って、自由で幸せになるためにあるはずのものなのに、不自由で苦しくなってしまう相手を選ぶ必要はないのです。今はとても辛く、彼への気持ちも残っているかと思いますが、その辛さは「彼が特別だから」感じているのではなく、「誰が相手でも別れは悲しいものだから」感じているのです。今寂しいのは、自然なことです。「なんで」「どうして」と現状を嘆くより、「どうしたら」これからの自分が笑顔で幸せになれるかを考えて欲しいと思います。相談者さんは自由に幸せになる権利があるのに、不誠実な対応をした男性一人の手によってその権利を侵されるなんて、あってはならないことなのです。ad1「失うこと」を恐れるのではなく、「幸せになるためには?」を考えるユウ そして、別れを

リンク元

Copied title and URL