島袋聖南「彼と付き合って大丈夫…? ダメ男に引っかからないために見るべきポイント」【第57回】

download - 島袋聖南「彼と付き合って大丈夫…? ダメ男に引っかからないために見るべきポイント」【第57回】 最新情報
どちらと付き合うか悩む……注目すべきポイントって?こんにちは、島袋聖南です。今回も私に寄せられたお悩みにお答えしていきますね!今回は、「まだ恋人同士ではありませんが、良い雰囲気の男性が二人います。現在のところ、どちらも素敵で選べません。食の好みが合った方がいい、趣味が合う方がいいなど、基準はいろいろありますが、特に何を重視したらいいのでしょうか」というお悩みです。あぁ~、どちらもいいと思えるなんていいですね! なんとなく私も昔、こんなことがあったような気がします(笑)。いろいろな可能性があるので、「絶対こっち!」とは言い切れませんが、「私だったらこう考える!」というポイントはありますので、今回はそんなお話をしていきますね。ad金銭感覚が合うかどうかは超重要私の場合は、20代のうちから結婚願望が強かったので、お付き合いに進む際は「結婚相手としてどうか」という点を重視していました。「いい家庭が築けそうかな?」とか、「仕事をしっかりしていけそうかな?」とか、かなり生活面を重視して見ていたかも。そこで気になっていたのは、「金銭感覚」!これはもう、何度も言ってますけどね(笑)。ただ、節約家で貯蓄が多い方がいいのかというと、そうでもなくて。結局は、「お金に対する価値観が合うか合わないか」なんだと思います。以前にお付き合いしていた人は、多分自分の夢のために貯蓄をしていたんでしょうね、とにかく手元にお金がなくて。だから普段の食事は絶対コンビニ(笑)! 二人で毎回、おにぎりやサンドイッチを買って、家に帰って食べる……というデートをしていました。私もたまになら「それもいいかな」と思えるのですが、当たり前のように毎回そんな感じで……。もちろん彼の夢を応援していましたし、しばらくは私も彼に合わせようとしてみたのですが、そのライフスタイルは、私は長続きしませんでしたね(苦笑)。もしかしたら、それでも一緒にいられるいい方法があったのかもしれませんが、私も若かったので……うまくいきませんでした。ad1とばっちりを受けるかも? 彼の交友関係も念のためチェックすべしそれから、気にしておきたいのは彼の「交友関係」。たまに、「彼の友達に会ったことない」という女性にも会いますが、長くお付き合いする間柄なら、やはり何人かは紹介してもらったり、話を聞いたりして、把握しておいた方がいいと思います。「親友」という人があまりにチャラいタイプだったり、いわゆる“輩系”が多いようなら、いつかどこかでトラブルに巻き込まれる可能性も……。大人になってからお付き合いする人って、学生時代と違って「あまり知らないうちに付き合う」ということも多々あると思います。そんな時はやっぱり、「観察」がものをいうもの。彼がどんな人なのかは、よく観察して、初めのうちにある程度見極めておいたほうがいいと思います。ただ、「彼ってすっごくステキ!」と思い込んでしまうと、人間って客観性を失ってしまうこともありますから、そんな場合は周りの友達にも意見も聞いてみて! 気持ちだけで突っ走ると失敗もありますから、「一人の人間としてどうなのか」を冷静に見定めた方が良いかなと思います!ad趣味や食事が合うかよりお互いを信頼できるかどうか趣味や食事の好みは合うに越したことはないですが、たとえ合わなくても、きちんとした相手なら慮ってくれるはずですし、「こうしたらいいね」という対策はできるものだと思います。二人のそんな問題に「どう対応してくれるか」が見るべきポイントではないでしょうか。信頼できるかどうか、真面目に二人のことを考えてくれているかどうかは、普段の態度でわかります。気をつけなきゃいけないのは、口ではこちらが安心することを言いつつも、お付き合いが始まってもまだ新しい女の子と出会おうとしていたり、外ですぐ連絡先を交換しているような男性。こんな人は、この先も落ち着くことはないと思われますので、もし彼がそういうタイプだと気がついたら、早めにお別れした方がいいと思います!ad1でも究極的には、その人とHしたいかどうか!ただ、こうしていろいろお話ししてきましたが、それは全部、理性的に考えた場合の話です。私自身は、結局最後は、本能的なものに従うのが一番後悔のないやり方かもしれない、とは思ってしまいますね。要は「その人とHしたいかどうか」です!!どんなに条件が良くても、生理的な部分で拒否感があったら、それは絶対に良くないと思う。ただ、セクシーな男性が「危険物件」である恐れは大いにあるので、そこはいろいろ注意していかないといけないかもしれません。ただ、「あ、これはダメなやつだ」とわかっても、女性はけっこういっちゃいますよね(笑)。それはもう、止められない! まぁそれはそれで、仕方ないんじゃないかとも思います。私は初めて会った時も「いいな」

リンク元

Copied title and URL