【7/27〜8/2の運勢】7月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

media 71a635844ffc7944da6d718a3f3d6c00816a7892 - 【7/27〜8/2の運勢】7月5週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック! 最新情報
isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2020年下半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


率直に真実を語ること


今週のおひつじ座は、くすぶっていた思いを鋭く切り出していくような星回り。

言葉が足りなかったり、言いたいことが言えないまま相手と別れてそれっきりになってしまうといったことは、誰しもが一度は体験したことがあるはず。時には、そうして思いを遺した相手が夢のなかにまで現れることだってあるでしょう。

そして、今のあなたの中にもさながら解きそこなった宿題や、ついぞポストに投函できないまま机の中にしまいこまれた手紙のように、ずっと心に引っかかり続けている未消化な思いがあるのではないでしょうか。

今週はおひつじ座にとって、そんな自分がやり残した仕事を、どんな小さなことであれ、ひとつひとつ向き合って片づけ、また誰かに届けていくタイミングとなっていくはずです。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


ただそこに立つのではなく


今週のおうし座は、「シンパシー」と「エンパシー」の違いについて痛感していくような星回り。

シンパシーは「共感」という感情の動きですが、エンパシーはそれとも違っていて、「自分と違う理念や信念を持つ人や、別にかわいそうだとは思えない立場の人々が何を考えているのだろうと想像する力」のことを言うのだそうです。

コロナ禍で話題になったニュージーランドのアーダーン首相や台湾の蔡英文総統といった女性指揮官は、相手を「モノ」として見ないケアに基づく姿勢と、経済対策や組織的感染対策など現実的リスクへのシビアな判断と両立させてみせたと分析されていますが、そこに一つ付け加えるとしたら、そうした両立の試みを彼女たちがまさに「命懸け」で行おうとしたことも大きかったのではないでしょうか。

今週のあなたもまた、いよいよ自分がどこへ向かって「命懸け」になっていくべきかということが、改めて問われていくことになりそうです。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


言葉を放つということ


今週のふたご座は、重たい内容をあえて明るく軽く扱ってみせていくような星回り。

言葉に宿る霊のことを「言霊」と言いますが、「それ自身独立の存在」となった言葉は、あなたから独り歩きして、世界を経巡り、そこで出会った様々な人間や出来事と結託し、想像を超えた現実となってやがてあなたのもとへ戻ってきます。

そう考えると、言霊として放つ言葉をできるだけ軽くしておくべき理由もなんとなく分かるような気になってきます。

今週は、自分の内に溜めこんだ不満や怒りなどの毒を表に出しつつ、それを自分なりの言葉にしていきたいところ。自分の子を旅へ立たせるぐらいのつもりで、自分の発する言葉を大切にしていくといいでしょう。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


どついたるねん


今週のかに座は、傷つきやすいことはそんなに悪いことばかりじゃないと実感していくような星回り。

今週のかに座の課題は、自分や身近な相手の弱点を対象化することだ、とも言えるかと思います。それにはやはり自分の弱点から始めていくことが大切。自分の弱点や気にしていることをデフォルメして名前を付けてみてください。

そうして自分の穴や弱みについて言及しやすい状況を作っておくことで、激しいツッコミも生じればなんだかんだ補完しあう関係性も育ってきます。

とはいえ、自分の弱点を対象化するには、まず自分の穴をさらけ出す勇気と、欠点を欠点のまま抱えて生きる開き直りが必要。相手をきちんと選んだうえで、ぜひお試しあれ。

続きはこちらから

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ


ふわふわ蜃気楼


今週のしし座は、ほっと力を抜いてやすらいでいくような星回り。

しし座の人というのは(太陽星座に限らず)自分で自分によせる期待が人一倍高い傾向にありますが(よく言えばそれを「気高い」と言う)、それは単に自己中心的ということではなくて、自己像(セルフイメージ)をめぐって特に想像力を働かせやすく、そこにある種の「蜃気楼」をつくりだしているのだということ。

今週はある意味で、自分が作り出す

リンク元

Copied title and URL