【アジア初進出】シアトル発!アートを感じるホテル「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」を徹底レポート!

download - 【アジア初進出】シアトル発!アートを感じるホテル「Ace Hotel Kyoto(エースホテル京都)」を徹底レポート! 最新情報
こんにちは! 京都在住のwith girlsエディター島崎レイコです。しばらく外出ができず関西の気になるスポットを巡れずにいましたが…。最近、話題のホテルが京都にオープンしましたのでご紹介させていただきます!アメリカ・シアトル発の「Ace Hotel」が日本初進出6/11に京都・烏丸御池に開業した「Ace Hotel Kyoto」。アメリカ・シアトル発のホテルチェーン「Ace Hotel」がアジア地域に初進出ということで期待が高まります!たくさんのアートが並ぶロビー。館内随所で、京都の老舗企業とアーティストとのコラボレーションによるアートピースにたくさん出会えました。こちらは創業460年の京友禅の老舗「千總」さんのもの。ロビーにはオリジナルアイテムがずらりまずはこちらのカウンターでチェックインを。1FロビーにはAce Hotelオリジナルの商品が購入できるスペースも。お部屋で使用されているアメニティやバスローブなども購入できます。一通り揃えれば自宅をAce Hotel化できるかも!?「Ace Hotel Kyoto」のロゴ入りアイテムはおみやげにも良さそう。ベビーのロンパースやキッズサイズのTシャツもあるので、家族みんなでお揃いコーデを楽しむこともできます。こちらは売り物ではないのですが、あまりの可愛さに自転車好きとして思わず目を留めてしまったtokyobike × Ace Hotel のレンタサイクル。宿泊者限定で利用できます。深く艶やかな色合いは漆塗りだそう。京都の市街地は、通りが碁盤の目状で高低差も少ないので、自転車での移動にぴったり。京都人も自転車利用率が高く、いたるところに自転車屋さんがあります。宿泊される際は、ぜひこの素敵なレンタサイクルでローカルなお店を巡ってみてくださいね。adチェックインを済ませたら、エレベーターに乗って客室へクリエイターが集い、新たなカルチャーの生まれる場所をめざして創業されたAce Hotel 。現在はアメリカを中心に9つのホテルを運営しています。Ace Hotel の特徴は、その地域や歴史とのコラボレーションを通して、そこにしかない体験を提供してくれるところ。今回はここ京都の文化や風土を活かして、どんな体験が提供されるのか? というところにも注目が集まっています。ad1なんとすべてのお部屋に「楽器」が完備!・ヒストリックツインまずはツインのお部屋から。大正時代の歴史的建造物、旧京都中央電話局の構造を活かしたつくりのこちらのお部屋は、天井がやや高め。お部屋の片隅にはアコースティックギターが。実際に触って演奏してもOKです。お部屋にはレコードプレーヤーも備え付けてあります。音楽をアナログで楽しむ仕掛けがたっぷり詰まっているのが、いかにもAce Hotelらしいおもてなし。Ace Hotel Kyotoでは全てのお部屋に、このレコードプレーヤーとアコースティックギターが用意されています。adさらにちょっとしたサプライズ! テーブルには五線譜が。Ace Hotel ではすべてのお部屋に五線譜が用意されているのだそう。旅先の思い出やインスピレーションを、言葉や写真だけでなく、音楽でも残してみてはいかが?お風呂はゆったりと肩まで浸かれる深い浴槽がついています。欧米風かと思いきや、こういうところは日本式なのが嬉しい!アメニティの歯ブラシは竹製。使い捨てのアイテムを極力減らし、環境に配慮した素材を使ったアメニティを揃えているのも特徴的です。ヘアケア、ボディケアアイテムはトータルビューティーブランド「uka」のもの。バスローブもオリジナル。お土産として購入していく方も多いのだそう。ad1・たたみスイート先ほどのツインとは趣の異なるお部屋も見てみました。こちらは畳の小上がりがついたタイプのお部屋。靴を脱いでのんびりと過ごすことができます。夜は押入れに収納されたお布団を敷いて寝ます。まるで修学旅行のようでワクワクしますよね。小さなお子様連れでの宿泊にも良さそうです。1日1組限定でウェディング利用も可能・バンケットルームAce Hotel Kyoyoでは1日1組限定でウェディング利用も可能です。異国情緒漂うアートな空間を存分に活かしたおしゃれな結婚式が叶いそう…! こちらのバンケットルームは約300名収容可能。レストランも個性的!・アメリカ風イタリア料理「Mr.Maurice's Italian」レストランは館内に3つ。2020年秋のグランドオープンまでは、イタリアンとメキシカンの2件のみが営業中です。まず1件目がこちらの「Mr.Maurice's Italian(ミスター・モーリスズ・イタリアン)」。モダンでカジュアルな雰囲気なので休日にゆっくり訪れたくなる素敵な空間です。店内の雰囲気も素

リンク元

Copied title and URL